2018年11月05日

成功するにはマネか?独自性か?

今日は朝から雨模様。

こういう日は、心も体もほんとうに落ち着く。

よく、

「早く成功するためには、成功している人をそっくりそのままマネすることが近道」

といわれる。

たしかに、僕が知っている整体の人たちも、師匠をそっくりマネている人ほど、短期間でうまくいっているようだ。

僕も何度か、師匠をできるだけマネしようとしてきた。

ただ、どうしてもそれがうまくいかない。

むしろ、マネしようとするほど逆の結果になっていく。

よくよく考えたら、そもそもコンセプトとか、やっていることがまるで師匠と違う。

それを無理にそっくりマネようとすることじたい、無理がありすぎる。

逆にいえば、違うからこそ、他の仲間の皆さんと差別化ができる。

ただ、マインド的なものは、師匠の考え方が大好きだから、それは取り入れていきたい。

方法論は、そっくり猿真似したからといってうまくいくとは限らない。

これが結論。

マーケティングといわれるものも同じ。

マーケティングとは、世の中ですでに結果が出ているものを体系化したものであり、

すでに使い尽くされているものもある。

それをいまさらやったところで、結果が出るのか?というと、微妙。

たいてい、とっかかりで一気にはじめた人が、成果の8割以上をもっていくことが多い。

なので、僕はもう、誰かがプロモーションしているマーケティング教材などには一切、手を出さないことに決めた。

またあらためて紹介するが、今読んでいる糸井重里さんの本のほうが、マーケティング教材などよりずっと参考になる。

もともと経営が得意でない人だからこそ、どう経営していくのか?という考え方ややりかたはとても参考になる。

で、最終的には、自分に合うやりかたを試行錯誤して見つけ出すしかない。

さんざんマーケティング教材に投資してきた結論。

いきなり独自性を出すことはできないから、最初はマネでもいいかもしれないが、いずれはそこから抜け出す必要がある。