2018年11月26日

成功できる人、できない人を分けるもの。

大きな何かに対峙したときに何を考え、どう行動するか、それが人格である。

【解説】
たとえば理不尽なこと、大きな失敗、大きな攻撃、最悪の出来事、それらが起こった時に、「何を考えてどう行動するか?」は本当に大事なことです。

応援隊では「ノイズ(=成功者があなたに言う「それは絶対違うだろ?」という言葉など)こそが成長だ」と、常々話していて、隊員の皆さまも「確かにそうだ!」と納得しています。

しかし、本当に自分の目の前に「いやいや、それは絶対違うだろ?」ということが起こった時には、「それだけはちょっと絶対に違うので、私は応援隊を辞めます」などといって辞める人もいます。

受け入れられるノイズなんて、ノイズのうちではありません。それだけは絶対に受け入れられません!と自信を持って言い切れるものこそがノイズで、そのノイズに対峙した時に、「成功もしていない自分の信念」を頼りにして「逃げる」のか、自分の信念や過去や現状を全て捨てて、無茶苦茶なノイズを無理矢理そのまま受け入れて遙かなる成長を遂げるのか、です。

ノイズに逃げた人が、その後、どんな事業をしようとも、誰と組もうとも、異次元の成功をすることはありません。受け入れられるノイズを克服したぐらいでは、想像できる成功しか訪れないからです。そして、その人が手に入れるものは、「自分の出来る範疇で頑張る」という平凡のど真ん中を行く人格です。


冒険家、加藤さんより


今日、僕が所属する整体治療協会の研究発表会があった。

登壇したメンバーの人たちは、もうとっくに僕が出しているべき結果を出している人たち。

正直、すごいなーと思う反面、まだ達成できてない自分をふりかえり、ひどく気分が落ち込んだ。

ただ今回、皆さんと師匠の話を総合して、ひとつ大きな気づきを得た。

それが今回の加藤さんの話とも共通すること。

師匠が今日、「プロの施術家は稼げてナンボ。技術うんぬんはじつはあまり関係ない。」という話をされていた。

これは、ひたすら治療技術を追究しつづける技術バカ(いい意味で)の治療家(僕は結果バカのセラピスト)にとって、おそらく受け入れがたい話だろう。

もちろんプロである以上、技術はあってあたりまえ。

成功する人、しない人をわけるのは、思考、マインド。

それをうけいれられるかどうか?

  


Posted by hiro at 23:20

2018年11月18日

何を学ぶのか?

一見、学ぶ必要がないと思えることほど「正しいこと」と「間違ったこと」が混在している。

【解説】
たとえば、挨拶の仕方とか。

僕のことを長年応援し続けてくれている方の中には、「セミナーに参加した時の挨拶のお辞儀がキレイだったから」という理由の人が居ます。

僕からノウハウを学びたかった人は、もう僕の周りから消えていき、僕から生き方を学んでくれた人は今も僕のそばに居てくれます。そして、どちらの仲間と一緒に人生を過ごせば毎日がより愉しいかといえば、それは絶対に後者だと思います。

ほんの一例ですが、学ばなくても出来る「挨拶」を、どんな気持ちでそうやってるんですか?と学びたいと思える自分がいれば、それだけで人生がいきなり開花する場合もあると、僕は思います。


冒険家、加藤さんより

------------------------------------------------------

  


Posted by hiro at 05:58

2018年11月17日

2つ以上のものを追う。

二兎追うものは一兎も得ないが、百兎追うものは、十二~十三兎得る。

【解説】
2つを追うことを欲張りという人がいますが、異次元の成功者は常に最低でも2つ以上のものを追いかけます。1つのことを追いかけて1つの結果を出すだけでは、永遠に成功なんてしません。

何か1つのことをはじめるときには、それで何十個も成果が出るように考えて行きましょう。そうです「百兎を追う」ことをはじめから考えて、一歩目を踏み出すのです。そうすれば、百兎すべてを捕まえられなかったとしても、少なくとも1割以上ぐらいは捕まえられます。

それを考えずにビジネスを始めるから、自分の想像の範疇もしくはそれ以下でしか現実が進んで行かないのです。この言葉は頭の中央に近い部分に置いておくようにして下さい。




冒険家、加藤さんより

-------------------------------------------------------------

日々、経営をしてみると、加藤さんの言葉ひとつひとつがとても身にしみる。

加藤さんがいう、異次元の成功者。

僕は、それをめざしている。

では、異次元の成功者とは?

じつは、まだ僕にはよくわかっていない。

僕にできるのは、過去の自分を大きく超えていくこと。

他の人との比較でなく。

なぜなら、やっていることもめざしていることも違うから。

くらべてもしょうがない。

以前の自分ではぜったいにやらなかった、できなかったことができるようになっていたら、

過去の自分が出せなかった結果が出せるようになったら、

それは僕lにとって、異次元レベルの成功だ。  


Posted by hiro at 05:26

2018年11月16日

少額からでもできる資産運用【号外】



全くの投資初心者が
自分では何も考えず、
操り人形のごとく
言われるがままに売買を繰り返した結果・・・

たったの半年で<<資金が32倍>>にまで膨れ上がった!!!

この投資初心者が利用したのは
「シグナル配信」と呼ばれるシンプルなサービス。


今ならどんなシグナルが送られてくるのか
無料お試しできます。

https://www.kjr7.net/af/click.pl?i=12000111&u=10001599
※ただいま勝率80%のシグナルを無料配信中。
 期間限定なのでお早めにどうぞ!

※無料シグナルの受け取り方法は、
 メールアドレス登録後のページですぐに確認できます。


ところで、
「シグナル配信」って何でしょうか?


シグナル配信とは、
株や為替などのトレードのタイミングを
教えてくれるサービスです。

「いくらで買って、いくらになったら売る。」

という、非常にシンプルな信号だけが送られてきます。


やるもやらないも自分次第なのですが、
前述の投資初心者はとにかく
<ある人>が配信しているシグナル通りに
売買を繰り返しました。


この投資初心者さんの体験談があるので引用します。


(ここから)

Y.Tさん 自営業

「後悔しています」

取組み当初、半信半疑だったこともあり、1万円からスタートしました。
この1万円が半年で32万円になりました。
これを今、とても悔やんでいます。

何故、10万円を初期投資しなかったのか?
実際、10万円くらいの余力は当時もありました。
そして10万円を初期投資していれば、
半年後の今、資金は320万円にもなっているのです。

いえ、そうではありません。
選択肢も増えていますので、300どころか軽く500万は超えていたでしょう。
半年前の私の判断は間違えでした。
激しく悔やまれます。

それでも、今、確信を得ています。
スタートは遅れましたが、時間をかければ確実に収益が増えるという確信です。
これからも「アンディさん」に師事していきます。

(ここまで)


1万円から始めたことを
後悔する気持ちはよく分かります・・・笑

笑っちゃダメですけど・・・

そんな事より、
1万円から始められて、
その上、半年で32倍が狙える投資って何!?

というのが気になるところ。。

そして「アンディさん」とは・・・?


あ、先に言っておきますが、
為替や株式ではないらしいです。

しかも現物取引というリスクの少ない
方法でやるので、かなり堅実。

資金以上に負ける心配は皆無と言っていいでしょう。

この点、為替よりだいぶ安全なイメージです。

ローリスク・ハイリターンのお手本のような話です。


「うまい話過ぎて逆に怪しい」


分かります。


私もかなり警戒しました。


でも、ちゃんと「アンディさん」の話を聞くと
これが凄くロジカルで、筋の通った話であることが分かります。

そして、この投資を知らないことで
どれだけ機会損失をしているかも分かります・・・

その前に、シグナル配信である時点で、
そこまで警戒する話でも無かったなということも分かります。。汗

取引するかどうかの判断は自分が完全にコントロールできますから。


詳細はこちらです。
https://www.kjr7.net/af/click.pl?i=12000111&u=10001599
※ただいま勝率80%のシグナルを無料配信中。
 期間限定なのでお早めにどうぞ!


アンディさんのシグナル配信は、
少数のユーザーのみでテスト運用していたらしいです。

その成績が凄い・・・


なんと、2018年上半期のテスト運用期間で、
勝率80%!回収率820%という
信じられない成績をたたき出したようなのです!!

半年でユーザー平均8.2倍ですよ・・・

それも、テスターはほとんど初心者だったそうです。。

シグナル通りに取引するだけだから
初心者の方が都合が良かったのだとか。。

前述のY.Tさんもそのうちの1人ですが、
資金を10万円入れていれば、もっと上を狙えたというのも納得です。



アンディさんのシグナルをどうやったら受け取れるのか?

どんなシグナルが飛んでくるのか?

1万円から始められるというけど、投資対象は一体なんなのか?

危なくないのか?

怪しくないのか?

本当に初心者でもできるのか?



全ての疑問はこちらで解消します。
https://www.kjr7.net/af/click.pl?i=12000111&u=10001599
※ただいま勝率80%のシグナルを無料配信中。
 期間限定なのでお早めにどうぞ!  


Posted by hiro at 18:50

2018年11月15日

ネーミングの重要性

名は体を、必ず表す。

【解説】
会社名にせよ、サービス名にせよ、人の名前にせよ、必ず名は体を表します。これは、絶対に絶対なので、何かに名前をつける時には、絶対にそのことを考えてつけるようにしてください。

消費者にとってわかり易い名前なんて必要ありません。あなたがそれを通して、そのサービスがそれを通して、その商品がそれを通して何を実現するのか、それを考えて名前をつけてください。

冒険家、加藤さんより



これは、僕自身、大失敗。

これから、ほんとうに気をつけよう。
  


Posted by hiro at 05:55

2018年11月12日

ひとり経営にこだわる理由

不慮の事故も、不治の病も、すべて自分の実力だと思えない人は、ビジネスをはじめない方が良い。

【解説】
身体が弱い人は社員を抱えるような会社をやってはいけません。これまで事故に合う回数が多い人もそうです。能力が足りないのは誰かがカバーしてくれる可能性がありますが、こんな社長を持ったら社員は全員不幸そのものです。

一人でビジネスをやるならOKですが、その場合、何かがあれば、あなたにはなにもなくなります。それでもやるならやってもいいのですが、なるべくなら大手のサラリーマンやOLのまま過ごしている方が幸せです。

人生には、こんなことさえ起こらなければというようなことがたくさん起こります。車に乗っていて後ろから追突されて、全治1年の怪我をしたとしても、それがあなたの「実力」なのです。すべてが自分の実力だと思えない人は、ビジネスを始めないほうが良いのです。

冒険家、加藤さんより
------------------------------------------------------------

この、加藤さんのメッセージは、僕に強烈に響く。

僕は過去、4回も事故にあっていて、10年近い療養生活を送っている。

4度の事故はいずれも、車につっこまれたり、友人の隣にのっていたり、後ろから追突されたりと、自分が被害者の方。

でもふりかえれば、すべてにおいて、自分自身になにかしら問題があったときでもある。

療養生活もそうだ。

そして、まだ身体が弱い状態から事業をスタートしている。

当時、本来なら、会社勤めをしている方がいいのだろうと思ったこともある。

でも僕は、どうしても自分で起業したかった。

なぜなら、療養時代、ありとあらゆる医療、健康サポートを受けてきて、ほんとうに満足できるものがほとんどなかったからだ。

だったら、自分がやろう。

それが、僕の起業の最大理由である。

ただ、4度の事故の影響は思った以上に大きく、どうしてもあまり無理がきかない。

それでも無理しようとすると、身体に症状が出てくる。

だからこそ、スタッフを抱えるような仕事のスタイルは不可能。

チャレンジャーえある僕は、つねに今の事業をもっと良く、もっともっと・・・と突き進み、それが過度になってしまうこともある。

それもまた、自分に負担をかけすぎてしまうことがわかり、違ったアプローチが必要であることを実感した。

4度の事故も療養生活もすべて自己責任。

心底そう思える今の自分には、起業家としての資格がいくぶんついてきたように思う。

だからこそ、50歳になった今、新たなゼロからのスタートなのだ。

加藤さんが言われるように、僕のような人がビジネスをやるのは、正直ハイリスクなのだろう。

でも僕は根っからのチャレンジャーであり、本気で世の中を変えていきたいという想いも強い。

だから、誰になんと言われようが、なんと想われようが、僕は起業家としてこれからもますます加速していく。  


Posted by hiro at 05:37

2018年11月05日

スティーブ・ジョブズが認めた男の情報錬金術を無料公開

様々な塾を渡り歩いてきたが、結果がでない。

講師に愚痴をこぼすと、

「あなたの努力が足りない、作業量が足りない」

と言われ続けてきた方、多いと思います。

今回ご紹介する稼ぎ方は、あなたは一切考える必要ありません。

考えるどころか何かを判断したり、選択したりする必要さえないのです。

あなたが用意するのはたった1分の時間とスマホだけ!

世界の一握りにしか伝わらない最先端の情報を探知して
勝率8割、回収率820%を手にしている・・・

そんな人たちが日本にいるとしたら。

昔から富を構築してきた特権階級だけが
密かに手にしてきた錬金術の一端をご覧ください。
↓↓↓
https://www.kjr7.net/af/click.pl?i=12000111&u=10001599&t=b

アップル創業者のスティーブ・ジョブズに情報のエキスパートとして見出され、しかも日本支社の取締役を用意された、
そんな彼が今回ご紹介する人物です。

今では秘密の情報網を駆使し、信頼できる情報だけを選別。

その結果、なんと2年で資産を30倍へと拡大させているそうです。

その情報はクジラと呼ばれる人々の動向を追う。

このクジラを捕まえる、クジラの動きを捕捉することで一気に収入を得ることができる。

超高精度のクジラ探知機を使い、世界のあちこちに出現するクジラを追っかけ、クジラを捕まえる。

その度に資産がどんどん増えていくのです。

はい、もうわかりますよね。

あなたは、このクジラ探知機を使い、お金を拾いに行けば良いだけ。

しかもその為に必要なのは

◯たった1台のスマートフォンと

◯1分かからないくらいの時間だけ

難しいノウハウやテクニックは一切不要です!

文字でご紹介してもきっとあなたは信じられないでしょう。
どうせ、嘘でしょ?
そんなに楽して稼げるわけないじゃん!

そう思っているあなたへ。

ぜひ、この超高性能なクジラ探知機をご覧ください。
↓↓↓
https://www.kjr7.net/af/click.pl?i=12000111&u=10001599&t=b  


Posted by hiro at 19:59

2018年11月05日

成功するにはマネか?独自性か?

今日は朝から雨模様。

こういう日は、心も体もほんとうに落ち着く。

よく、

「早く成功するためには、成功している人をそっくりそのままマネすることが近道」

といわれる。

たしかに、僕が知っている整体の人たちも、師匠をそっくりマネている人ほど、短期間でうまくいっているようだ。

僕も何度か、師匠をできるだけマネしようとしてきた。

ただ、どうしてもそれがうまくいかない。

むしろ、マネしようとするほど逆の結果になっていく。

よくよく考えたら、そもそもコンセプトとか、やっていることがまるで師匠と違う。

それを無理にそっくりマネようとすることじたい、無理がありすぎる。

逆にいえば、違うからこそ、他の仲間の皆さんと差別化ができる。

ただ、マインド的なものは、師匠の考え方が大好きだから、それは取り入れていきたい。

方法論は、そっくり猿真似したからといってうまくいくとは限らない。

これが結論。

マーケティングといわれるものも同じ。

マーケティングとは、世の中ですでに結果が出ているものを体系化したものであり、

すでに使い尽くされているものもある。

それをいまさらやったところで、結果が出るのか?というと、微妙。

たいてい、とっかかりで一気にはじめた人が、成果の8割以上をもっていくことが多い。

なので、僕はもう、誰かがプロモーションしているマーケティング教材などには一切、手を出さないことに決めた。

またあらためて紹介するが、今読んでいる糸井重里さんの本のほうが、マーケティング教材などよりずっと参考になる。

もともと経営が得意でない人だからこそ、どう経営していくのか?という考え方ややりかたはとても参考になる。

で、最終的には、自分に合うやりかたを試行錯誤して見つけ出すしかない。

さんざんマーケティング教材に投資してきた結論。

いきなり独自性を出すことはできないから、最初はマネでもいいかもしれないが、いずれはそこから抜け出す必要がある。  


Posted by hiro at 15:46