2018年10月15日

10年来の目標

10月も折り返し地点。

ここにきて、やっと!10年来の目標がひとつ、叶うこととなった。

といっても、ほんの小さな目標ではあるが。

今回の環境の変化は、ひとつのスタートにすぎない。

目標について、あれこれ考えた結果、

いちばんわくわくする目標・・・

今までの僕にとっては、ちょっと大きな目標に決めた。

とにかく、時間がいくらあってもあっても足りない。

やりたいことが、大量にありすぎる。

かといって、来世に持ち越すこともできない。

今、やりつくさないと。

  


Posted by hiro at 23:24

2018年10月14日

ステージが上がるとき。

今、僕の、起業家としてのステージが、

大きく変わるときに来ているようだ。

目標やビジョンを大きくすると、全体のステージもかわってくる。

僕は逆だと思ってた。

ステージが上がるから、もっと上の目標をもてる。

そうじゃなかった。

より明確な、大きな夢やビジョンをもつからこそ、
今のステージも上がる。

想いが先、なのだ。

僕の場合、つねに課題は行動。

もともとのシャイすぎる性格が、すべてを止める。

地味に、より地味におさまろうとする。

今、せっかく、ネット業界で有名な人たちにとってさえ先駆者、カリスマの存在である石田さんの直接指導が受けられる状況にある。

この状況をまったく活かせてない。

ステージが変わるとは、僕にとって、このシャイな性格を徹底的に超えることにつきる。  


Posted by hiro at 05:58

2018年10月11日

年内の目標

今年も残り3ヶ月を切っている。

年内の目標が明確に決まった。

今までの自分としてはけっこう大きな目標だが、必ず達成できると確信している。

同時に。

父が先月入院した後くらいから、ふだん疎遠な妹からやたらとメールでの攻撃を受けるようになった。

父がしゃべれなくなっているから、余計になのだろう。
まあ、本人的に気に入らないことが多々あるらしい。

正直、けっこうイラだった。
なんだこいつ?と想うことも多々。

とはいえ、妹とケンカしたり争う気はまったくない。

昨日気づいたのは、妹からの僕への攻撃は、僕自身の内面を反映する、宇宙からのメッセージである、ということだ。

僕が克服すべき最大の、そして長年の課題。

それを今回、年内に、克服する時がきたということ。

僕は、そうとらえている。

妹はきっと、言わされているのだ。

僕がそれを、どうとらえるか。

単なる僕への攻撃ととらえたら、それは、僕の負けだ。

いずれにしても、今回の目標を達成することで、

ぼくの長年の課題は、ひとつ、クリアできる。

あとは、やるかやらないか。

それだけ。  


Posted by hiro at 05:59

2018年10月10日

すべては自分の内にある。

非はすべて、内にある。

【解説】
これは、僕が大きく成長する機会を与えてもらった言葉です。

非(間違い)は全て内にあると考えると、成長のスピードが半端じゃなく早まります。もし、あなたが、今、急激に成長したい!と思っているならば、心の何処か片隅にも、「それは私が悪いんじゃない」と思わない毎日を過ごしてみてください。普段なら、絶対にそれは相手が悪いと思うことでも、全て非は内にありだと考えて、そして、その問題を解決してください。

ただ、セルフマインドコントロールは非常に危険なものでもあります。なんでも自分が悪いんだという考えは、心の弱い人にとっては死活問題にもなりかねません。強い心を持った人だけ挑戦してみてください。ちなみに僕は、29歳~32歳までの3年間をこの思考で過ごし、危機察知及び危機推測能力と結果予知能力、そして、問題解決能力が飛躍的に向上しました。

冒険家、加藤さん
-----------------------------------------------------

これはまさに、僕が今、直面してること。

他のだれかを責めたり、批判したり、その人のせいにしたりすることは、ラクだし、その時はなんとなくすっきりするかもしれない。

なにか、腹立つようなことを言われて、その相手と真っ正面から闘うのもありかもしれない。

でも僕は気づいた。

自分が成功に近づくほど、進化スピードが速まるほど、抵抗もおこる。
めんどくさいこと、批判、イヤなことを言ってくる奴も増えるかもしれないし、実際にそう。

それも、身近な人だったりする(ーー;)

ネガティブなことを言ってくる奴がいるということは、それだけ自分が進化、成長していてそれが速まってるということだと悟ったのだ。

たいていそういう奴は、言ってるだけで自分は行動しない。

僕が知ってる人でも、その人は家の中がめちゃくちゃで、まあホントにだらしない人。
ぜったい友達にはなりたくないなーという人が、ネガティブなことをがんがん言ってくるタイプ。

まあ、そもそも、自分自身が進化していくタイプの人は、いちいち他人にネガティブなことを言ったりしない、基本的な気遣いができる人だ。

すべてのことは、自分が強くなり、抵抗に負けないようになるため。

より、自分を進化させてくれるものだ。  


Posted by hiro at 05:22

2018年10月09日

新たなチャレンジ

今月で僕は50歳になる。

この30年の速さを考えると、これからの30年はおそらくもっと早い。

人生は、ほんとに短い。

その短さを、ひとごとでなく、自分ごととして実感するようになった。

もう、のんびりはしてられない。

今までの延長線上で生きていたら、なにもかわらない30年がまっている。
それだけは、ぜったいに避けたい。

生活環境を変えるという新たなチャレンジがまた始まる。

仕事でも、新たなチャレンジを始める。

冒険家、加藤さんが、

「失敗から10学ぶことがあるとしたら、成功からは1,000兆学べる」という話をされていた。

もう、失敗から学んでる暇はない。

ぜったいに成功させる。

そういう大前提で、チャレンジを始める。

今の僕には、また、次々と新しい課題も与えられている。

他の人と闘ったり、争ったりするのは嫌いだけど、

あまりにいい人でいるのも、ただのバカになっていたりする。

チャレンジには、障害物がつきもののようだ。

どんな障害物もぶっ飛ばして、僕は先に進みつづける。

ここにとどまってる時間はない。

ごく限られた時間をのぞき、僕はチャレンジに邁進する。  


Posted by hiro at 05:26