2018年06月29日

できなさそうな方に行く。

成功したい人は危険なものに近づき、失敗したくない人は安全なものに近づく。

大前提として、身の丈に合っていない話は、自分のもとにはやってこない。その考えは死ぬまで持っておくべきです。その上で、

出来そうなことと、出来なさそうなこと。

この2つが目の前に現れたとき、あなたはどちらに近づいていくかを考えてみて、そして、なぜそうするのか?についても考えてみてください。

そっちのほうが儲かるから、という答えでは絶対に失敗します。成功するためには、「出来なさそうなことを "やり遂げる" のが趣味なんで。」という自分を作る必要があります。


冒険家、加藤さんより

-----------------------------------------------------------------

今回の加藤さんのお言葉、今の僕にジャストフィットした。

僕も、より困難な方が燃える。

だから、あえて今の本業で、できるだけ困難な方向にむかうようにしている。

なぜなら、みんなが、まず、やらないことだから。

大勢の人たちが向かう方向と逆にいく。

やりとげるのが趣味。

すごくいい。  


Posted by hiro at 05:45